未分類

ペニスの平均的な長さはどのくらい?今からでも増大は可能?

「自分のペニスは平均よりも長い?それとも短いの?」

平均身長は年代別や国別の統計があるので、調べることはできます。

ところが、ペニスの平均的な長さとなると、健康診断で調べることもないため、わかりませんよね。

しかも、他人と見比べる機会も少ないため、ペニスの平均に関して、なおさら謎めく部分でもあります。

逆にその謎めく部分があるからこそ、興味や関心をそそるのも事実かもしれませんね。

そこで、この記事では、ペニスの平均的な長さや大きさはどのくらいなのか?

また、今からペニスを長くすることは可能なのか?

これらの点を中心に詳しく解説していきます。

日本人や世界のペニスの平均はどのくらい

「自分は他の人と比べて、ペニスは平均よりも長いのか短いのか?」

女性だったら胸を気にするように、男性としても同じように気になりますよね。

そこで、日本人や世界のペニスの平均はどれくらいなのか?

紹介していきます。

日本人のペニスの平均はどのくらい?

これは国が調べた統計はもちろんありませんが、民間企業で調べた日本人のペニスの平均はわかっています。

その民間企業とは、男性用大人のおもちゃで有名なTENGA。

では気になる、日本人の平均的なペニスは、ズバリ以下のとおり。

・ペニスの長さ:13.56センチ
・亀頭の直径:3.53センチ
・ペニス(竿)の直径:3.19センチ

統計データの母数は全部で50万人。

なので、かなり信頼性のある統計データといえるでしょう。

よかったらこの情報をもとにして、あなたのペニスはどのくらいなのか、調べてみてくださいね。

世界のペニスの平均で最大と最小はどのくらい?

日本のペニスの平均を知ったら、やはり世界事情も気になるもの。

ペニスの平均が最も大きいのは、西アフリカ周辺の国です。

ガーナやコンゴ共和国、ガボンなどでは、平均16センチ前後と最大クラス。

黒人種の多い国では、平均が大きい傾向にあるようですね。

反対にインドやタイ、韓国などでは、平均9〜10センチ前後と最小クラス。

アジア地域は、他の地域や国と比べて、ペニスの平均は小さい傾向にあります。

ペニスの長さは何で決まる?

そもそもペニスの長さの平均がみんな同じだったら、悩むことや比べることもなし。

先ほど紹介したように、国別や同じ人種でもペニスの平均は変わります。

では、ペニスの長さは何で決まってくるのでしょうか?

その要因を3つ紹介します。

遺伝

とくにペニスの長さを決定づけるのが、遺伝です。

身長や体格、顔の作りや骨格と同様に、ペニスの長さも決まる傾向に。

やはり体が大きい人は、体全体の部位も大きくなり、ペニスの平均も長くなる傾向にあります。

とはいっても身長と違い、大人になってからでもペニスの長さを大きくすることは十分に可能ですよ。

男性ホルモンの分泌量

実はペニスの長さが、大きく成長する時期は思春期の頃。

体の作りが子供から大人に変わり、身長はもちろんペニスも長くなるんですね。

それを左右するのが男性ホルモンの分泌量です。

思春期にたくさん男性ホルモンが分泌されれば、身長だけでなくペニスも長くなるわけです。

包茎の状態

実は包茎もペニスの平均に大きく左右する要因です。

包茎の場合、勃起したときに亀頭などが、皮で抑えられることに。

せっかくのびのびと成長しようと思っても、包茎が原因で本来の長さにならないこともあるんですね。

とくに皮をまったく向けない真性包茎の場合、どうしてもペニスの長さに大きく影響してしまいます。

逆に包茎が改善されれば、抑えられたものがなくなった分、大きくなる可能性は十分にありますよ。

ペニスが小さいことの2つのデメリット

ペニスの長さが平均より小さい場合、やはりコンプレックスになることも。

仮に平均的であっても、もっと大きくしたいとう思いもきっとあるでしょう。

では、ペニスが平均よりも小さいとどんなデメリットがあるのか?

全部で2つ紹介します。

自信や行動力に影響が出る

実際にペニスの大きさが、自信や日々の行動力にも影響があります。

「単なる見た目だけの問題では?」

でも、無意識のうちに、ペニスの大きさが影響していることがあるんですね。

やはり、ペニスが大きいということは、男らしさや健康的な証拠や意味合いがあります。

つまり、やる気や行動力に関係する、男性ホルモンが多く分泌されているからなんですね。

逆に小さくしょんぼりと萎えていたら、それを見た途端に無意識に自信や行動力がダウンしてしまうもの。

ペニスは男のシンボルと言われるだけあって、男としての役割に影響を与えます。

セックスのときに満足できない

やはり男として生まれた以上、自信を持ってセックスでも主導権を握りたいですよね。

そんなときに、大きなペニスを持って攻めたら、お互いに満足できます。

ペニスが大きいメリットは、硬さで突っつくことで、女性の感度や気持ちよさがアップする。

男性側なら射精するまでの時間を長くでき、長時間のセックスができる。

このようなメリットがあります。

ペニスを平均的な長さから抜け出す2つの方法

「自分はペニスの長さが平均以下だった」
「平均よりもっと長くしたい」

そのような思いを持っているかもしれませんね。

ここでは、ペニスを平均的な長さから抜け出す2つの方法を紹介します。

包茎を改善する

包茎の場合、皮がジャマをして大きく成長することを阻害します。

そこで、お風呂場で毎日少しずつ皮をむいていく方法がおすすめ。

勃起していない状態で、亀頭の下を手で包んで根本に皮を引っ張ります。

大切なことはムリをしないこと。

痛みを感じたら、そのところまで皮をむいて手を離す。

これを毎日繰り返します。

浴槽の中なら、亀頭や皮の内側の汚れも落とせるので一石二鳥です。

皮が簡単にむけて柔軟性が出てくれば、強く抑えられるものがなくなれば、長くなる可能性は十分にありますよ。

亜鉛を含む食事やサプリを取る

ペニスが小さい理由は、男性ホルモンの分泌量が少ないことです。

そこで、性機能に関わる栄養成分を、食事やサプリから取る方法がおすすめ。

栄養成分はいくつかありますが、やはり亜鉛ですね。

別名、セックスミネラルと呼ばれる亜鉛は、精子の増強や男性ホルモンの分泌を増やします。

亜鉛を含む食べ物は、魚介類、肉類、海藻や野菜、豆類など、

とくにカキやウナギといった魚介類には亜鉛がたくさん。

和食を中心とした食事を取ることで、亜鉛を多く取ることができますよ。

ただ、食事だけで取るのは難しい場合、亜鉛配合のサプリを取るのがおすすめです。

もっと手軽にペニスを長くする方法

先に紹介した方法でも毎日継続することで、徐々に長くすることはできます。

「とはいっても、毎日継続するのはしんどい」
「食事にまで気を使うのはちょっと大変」

日々、忙しい生活をしていると忘れてしまう、取り組むのが億劫かもしれませんね。

そこで、もっと手軽にペニスを長くする方法があります。

それは何かといったら、増大サプリを使う方法がおすすめ。

なぜ、増大サプリがおすすめなのかは、以下の2点です。

ペニスを長くできる特化した成分が入っているから

その特化した成分は以下の2つです。

・シトルリン
・アルギニン

これらの成分が、ペニスへの血流量や勃起持続力をアップ。

ペニスは骨がないので、身長と違って伸びる余地はまだまだ持っています。

つまり、ペニスの海綿体への血行がよくなれば、大人になってからでも伸ばすことはできるんですね。

また、亜鉛をはじめ、精力増強成分も高濃度に配合されているため、性欲増強も見込めますよ。

飲むだけなので継続しやすい

食事で栄養成分を取るには、毎日用意して場合によっては作らないといけません。

忙しい日々を送っていたら、食べる時間も取れないかもしれませんよね。

でも、増大サプリは錠剤タイプ。

なので、決まった量を毎日数錠飲むだけなので、忙しいときでも飲めるのが大きなメリット。

時間もかからず、負担にもならないので、結果的に継続できます。

ペニスを増大する成分が高濃度に入ったサプリを毎日飲めば、徐々に実感できますよ。

まとめ

ペニスの平均の長さや大きさについて解説しました。

ペニスの長さは、遺伝や男性ホルモンである程度決まるもの。

やはり体の大きい人ほど、ペニスの長さは有利になります。

しかし、ペニスの長さは、大人になってからでも十分伸びる余地がありますよ。

ここが身長と違うところですね。

ペニスが平均よりも長くなれば、男としての自信や行動力もアップ。

また、セックスのときにもお互い満足するなど、メリットだらけです。

少しでもペニスの長さを平均より長くしたいなら、今回の記事内容を参考にして、できることから取り組んでみてくださいね。